参加申込は「地域交流会」または「地域交流会+商談会」からお選びいただけます

地域交流会のみ参加

地域交流会では、商談会本番前に個々の取組段階にあわせ、現役の食品バイヤーと個別に販路開拓に向けた相談(商談でも可)の場として活用いただけます。

相談先:「百貨店」「スーパー」「通信販売」業態から各1社以上、計3社~5社
 ・支援機関(支援者)やプランナー(専門家)の同席も可能とします。

参加する

地域交流会+商談会に参加

地域交流会の約3か月後に商談会を行います。出展者、バイヤーの双方が希望する相手先と個別商談を行う「アポイント型個別商談プログラム」を運営事務局にて事前に作成し、実施します。確実で効果的な商談機会を提供することで、より高い成約率を目指します。
商談会全体では、「アポイント型個別商談会」をメインで実施しますが、「商品展示会」「指名制希望商談」「名刺交換会」も加えて実施します。

参加する
「ステップアップシート」とは?

同支援事業内で一貫して活用するシートです。
まずは参加登録いただく際に『課題』をご記入いただきます。
その後、「地域交流会(相談会)」~「商談会」~「商談会終了後」と各段階においてバイヤー向けに提出(計3回)、バイヤーからのコメント返答(計2回)となります。
提出先のバイヤー(業態)の希望は途中変更も可能とし、商談会終了後にも活用することで継続的なバイヤーとの接点を創出します。

ステップアップシート

「プランナー派遣」とは?

※派遣対象や派遣専門家は「6次産業化中央SC」の基準に準じます。
※基本的な 対象者は、6次産業化認定計画取得済みの事業者や一次事業者となります。

参加事業者は、「地域交流会(相談会)」に参加の段階から、希望者は「6次産業化中央SC」からの「※プランナー(専門家)」の派遣を可能とし、「地域交流会」~「商談会本番」~「商談会終了後」まで一体化した専門家支援が可能です。

支援をご希望の方は、下のボタンから申込書をダウンロードし、メールまたはFAX にて「6次産業化中央サポートセンター」まで送付ください。

申込書をダウンロード

プランナー派遣の流れ